Flag_of_France.svg

ソシエテ・ジェネラル

ソシエテ・ジェネラル(Societe Generale S.A.)は、フランスの大手金融機関。フランス国内のみならず、世界約80カ国以上に事業展開しており、3300万人の顧客を抱える、同国第二位の銀行。ダニエル・ブトン元会長が2009年に巨額損失事件の責任をとって辞任したのち、フレデリック・ウデア最高経営責任者(CEO)が会長を兼任している。
主な事業内容は、個人・企業向け金融サービス、資産運用・プライベートバンキング、投資銀行業務である。
Wikipedia:ソシエテ・ジェネラル

関連記事

return top